学校では教えてくれない大切なこと シリーズ

学校では教えてくれない大切なこと(26)研究って楽しい-探究心の育て方-

  • 旺文社 編
読者対象
小学5・6年生,小学3・4年生,小学1・2年生

学習レベル

  • 基礎
  • 標準
  • 応用
  • 価格 : 918円(税込)
  • 発売日 : 2019年07月08日
  • ISBNコード : 9784010112724
  • 図書分類コード : 8076
  • 本冊 : A5判 / 144ページ / オールカラー

オンライン書店で購入する

電子書店で購入する

  • img
  • img
  • img
  • img

内容紹介

保護者の不安をスッキリ解消!まんがでわかる「子ども向け実用書」 

研究」というと、みなさんは何を思い浮かべますか?
偉大な人物が難しい実験を繰り返しているシーンでしょうか。
それとも、夏休みの自由研究でしょうか。
それらは大きな差があるように思えますが、実は、どちらも
「こんなものがあったらいいな」「こういう困ったことが解決しないかな」
という身近な願いから研究テーマが設定されることが多いのです。
本書では、研究テーマの見つけ方を、身近な例を題材に、まんがで楽しく学ぶことができます。
また、実験・観察の手順や、研究結果の発表方法も、あわせて紹介しています。
「研究」を通じて、自分の興味・関心を知り、探究心を育ててみましょう。

目次

    ◆1章 研究ってなに?
    こんな身近なものも研究
    研究しなくなったら未来はどうなる?
    「あったらいいな」が研究の始まり!


    ◆2章 研究テーマは身近にある
    「めんどうくさい」も研究のヒント
    好きなことはとことん究めろ!


    ◆3章 研究の手順をおさえよう!
    計画を立てよう
    調べてみよう
    予想→実験してみよう
    記録しよう!


    ◆4章 研究を深めよう
    条件を変えて試してみよう
    途中で方向性が変わってもOK!
    結果を分析・考察しよう


    ◆5章 研究結果を伝えよう
    伝え方を決めよう!
    構成を考えよう!
    印象的なタイトルをつけよう

編集担当者の声

子どものころを振り返ってみると、毎年、夏休みの「自由研究」のテーマで悩んだ記憶があります。
「さぁ、自由研究のテーマを考えよう」と考え始めても、なかなか思いつかないものです。
でも実は、そんなふうに堅苦しく考える必要はなく、自分がふだんの生活で感じている
「困ったこと」や「あったらいいな」ということをヒントに、テーマを設定すればよかったのだ、
ということに、大人になって初めて気がつきました。
偉大な研究や発明も、そんな身近な願いから生まれたものがほとんどではないかと思います。
肩の力を抜いて楽しく本書を読んでいただき、「研究」を身近なものとして感じていただければ幸いです。