• トップ
  • 旺文社の個人情報保護方針

旺文社の個人情報保護方針

2012年4月1日

株式会社旺文社
代表取締役社長 生駒大壱

旺文社は、書籍・雑誌の刊行やインターネットウェブサイトの運営等に際して、お客様個人を識別できる情報(以下、「個人情報」といいます)の重要性を認識し、適正に保護することが当社の社会的責務と考え、以下のプライバシー・ポリシーを定め、その運用に努めております。

1. 基本方針

(1) 個人情報とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む)をいいます。

(2) 個人情報はお客様個々人の人格そのものであり、かつ財産であります。当社で業務に従事する全ての者は、お客様の人格を尊重することが事業活動の基本であるとともに、その適正な管理が社会的責務と認識しております。

(3) 個人情報の取扱に際しては、関連法律及び個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムに基づき、適正かつ安全に取扱い、お客様の情報を確実に保護し、その信頼を得なければなりません。

2. 個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムの目的

(1) コンプライアンス・プログラムは、適切な個人情報の収集、利用及び提供の基準及びこれらの細部運用に関する規定を目的とします。

(2) コンプライアンス・プログラムの中には、当社で取扱う個人情報が適切に保護されるためのJIS Q 15001規格(プライバシーマーク)に準じた行動規範及び具体的なシステムを定めております。

3. 個人情報保護に関する取り組み

(1) 役員、社員をはじめとする当社の業務に従事する全ての者は、個人情報に関する法令及びその他政令、当社の定めるコンプライアンス・プログラムを遵守します。

(2) 個人情報保護管理者を選任し、コンプライアンス・プログラムの遵守、運用等に関する権限を与え、個人情報保護管理体制を実効あるものとします。

(3) 個人情報保護管理者の中には、第三者機関が実施する正規の教育・研修を受け、管理資格を有する社員を選任し、適正な安全管理が行われるようにします。

(4) 監査責任者を選任し、個人情報保護管理体制の実効性を恒常的に監査します。

(5) 個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムを定め、当社の業務に従事する全ての者への教育・研修を適宜実施し、周知徹底するとともに意識向上と啓蒙に努めます。

(6) 個人情報の処理を外部に委託する場合は、適正な委託先を選定するとともに個人情報保護に関する契約を取り交わします。

(7) 本方針は、当社のインターネットサイト・ホームページ等に掲示することにより、いつでも閲覧可能な状態にします。

(8) コンプライアンス・プログラムは監査結果等に基づき、継続的に改善を行います。

4. 個人情報の取扱

(1) 個人情報の収集、利用目的、提供
当社は、個人情報の収集にあたってはその収集の目的を明らかにするとともに、本人同意のもとに預託を受けた個人情報はその利用範囲において最大限の注意を払い、適正な方法により取扱います。

(2) 権利の尊重
ご提供いただいた個人情報は、その内容の開示、訂正、利用停止等の申し出があった場合、法律の定めを除き、ご本人確認等の必要な手続きを通じて速やかに対処いたします。

(3) 安全対策の実施
当社が保有する個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破損、改ざん及び漏えい等を予防するため、リスクに対して合理的な安全対策を講じるとともに、これらの問題が発生した場合は遅滞なく是正処置を講じます。

5. 16歳未満の未成年者に関するお願い

16歳未満のお客様が個人情報を当社にご提供される場合は、必ず保護者の方の同意のもとにご提供していただきますようにお願いいたします。

6. お問い合わせ

当社の個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラム、またはこのページの内容に関するお問い合わせは、当社の個人情報保護管理委員会(privacy@obunsha.co.jp)までご連絡ください。

なお、当社は報道機関としての役割も担っており、法律が適用されない報道の用に供する目的の情報については、本個人情報保護方針の対象となるものではありません。

以上