学校では教えてくれない大切なこと シリーズ

学校では教えてくれない大切なこと(16)考える力の育て方

  • 旺文社 編
読者対象
小学生

学習レベル

  • 基礎
  • 標準
  • 応用
  • 価格 : 918円(税込)
  • 発売日 : 2017年07月26日
  • ISBNコード : 9784010111680
  • 図書分類コード : 8076
  • 本冊 : A5判 / 144ページ / オールカラー

オンライン書店で購入する

電子書店で購入する

  • img
  • img
  • img
  • img

内容紹介

保護者の不安をスッキリ解消!まんがでわかる「子ども向け実用書」 

私たちは日々色んなことを「考えて」生活しています。
また、世の中の物事は、私たちの「考え」のおかげで豊かになっています。
色々な視点で物事をとらえたり、観察する力を養うことが、考える力を育てるのにとても役立ちます。
考える力が育っていくと、ちょっとした問題に対しても、柔軟な発想ができ、よりよい解決方法につながったりもします。
本書では、そんな世の中の物事をヒントに、楽しく「考える力」を育てていきます。

目次

    1章 「考える力」はなぜ必要?
    ・「考える力」ってなんだ?
    ・身近な工夫を見てみよう
    ・大切なものは「もっとよくしたい」気持ち
    ・ものごとに「絶対」はない


    2章 いろいろなアイデアのもと
    ・見方を変えるとうまくいく
    ・当たり前を疑おう
    ・イライラは工夫のチャンス
    ・失敗は成功のもと


    3章 アイデアを生み出そう
    ・新聞紙1枚の使い方を考える
    ・組み合わせ大作戦!
    ・ひらめきやすい場所
    ・文句にも耳をかたむけよう


    4章 アイデアを実現させるには?
    ・アイデアは発表しよう
    ・アイデアは捨てずに置いておこう
    ・伝え方って結構大事!
    ・みんなでアイデアをパワーアップ!

編集担当者の声

今話題の「考える力」。
私たちは日々色々なことを考えていますが、実は、人それぞれ、考え方のクセってあるものですよね。
考え方のクセは、その人ならではの魅力でもありますが、考え方の枠のせいで、問題の壁にぶちあたってしまうことも多々あります。
本書では、世の中の色んなアイデアを参考に、色んな角度で物事を考える方法を学んでいきます。
考え方の幅を広げることは、私たちがより幸せに生きていくための大きな手がかりになるはずです。
本書を通じて、楽しく色々考えをめぐらせる機会となれば嬉しいです。