学校では教えてくれない大切なこと シリーズ

学校では教えてくれない大切なこと(15)数字に強くなる

  • 旺文社 編
読者対象
小学生

学習レベル

  • 基礎
  • 標準
  • 応用
  • 価格 : 918円(税込)
  • 発売日 : 2017年02月13日
  • ISBNコード : 9784010111673
  • 図書分類コード : 8076
  • 本冊 : A5判 / 144ページ / オールカラー

オンライン書店で購入する

電子書店で購入する

  • img
  • img
  • img
  • img

内容紹介

保護者の不安をスッキリ解消!まんがでわかる「子ども向け実用書」 

「数字」と聞いて最初に思いつくのは,小学生にとっては算数かもしれません。
しかし,この本で扱うテーマは算数ではなく,ふだん目にするあらゆる数字を,いろいろな視点から考えてみるというものです。
たとえば,買い物をしているときに目にする商品の値段の数字,映画の広告に出てくるNo. 1の数字,
新聞やニュースに出てくる平均の数字,多数決をとるときの数字,などなど。
この本を読み終えると,いつも見ている数字が,違う見方で考えられるようになるはずです。

目次

    1章 数字って何?
    ・数字って大切?
    ・数字には種類がある


    2章 いろいろな見方ができる数字
    ・同じ量で比べてみよう
    ・「6個目から半額」って、6つも必要?
    ・「10秒に1本売れている」って、どのくらい?
    ・当たりがよく出る店って?
    ・平均のカラクリ
    ・大きな数字をつかめるようになろう


    3章 感じ方がちがう数字
    ・500円もある! 500円しかない…
    ・グラフにだまされないように
    ・98円などはんぱな値段が多いのはなぜ?
    ・高いと感じる? 安いと感じる?


    4章 数字を使ってみよう
    ・数字を使ってきちんと伝えよう
    ・数字は表やグラフにまとめよう
    ・数を推定してみよう

編集担当者の声

生活をしているといろいろな数字が目から耳から入ってきます。
たとえば,「10秒に1つ売れている!」といった広告。
感覚的にはものすごく売れているかのような印象を受けてしまいます。
ただ,(詳しくは省きますが,)冷静になって考えてみると,ほかの商品と比べてそんなには売れていないということも…
(もちろん,このキャッチコピーが上手な言い方というだけで,何の問題もありません)。
このように,数字をそのまま受け取るのではなく,いろいろな角度から考えてみる力がつく本です。
その力がつけば,大人になってからも,もっと楽しく,もっと賢く生きられます。
数字に興味を持てるようになるように工夫した内容になっていますので,算数が好きになるきっかけにもなるはずです!