トップページへ辞典の特長編者Q&A第四版までのあゆみ
第四版までのあゆみ
初版

1990年:初版

外国語の辞書のように「古典の用例にも現代語訳がほしい」という読者の声を受けて、「旺文社全訳古語辞典」が誕生!教科書・大学入試問題の調査・分析により、初学者に必要十分な1万5千語を収録し、用例はおもに教科書から採録。ひとつひとつ原典にあたりました。文法に忠実な逐語訳は他の追随を許さぬ正確さで、高い評価を受けました。

第二版

1997年:第二版

「授業・入試に密着」した「全訳古語辞典」はまたたく間に普及。当初は初学者向けという位置付けでしたが、難関大学受験にも対応させてほしいという要望から、初版収録語数のおよそ5割に相当する7千語を増補し、全面改訂を行いました。2年後には携帯に便利な小型版も刊行しました。

第三版

2003年:第三版

第三版では500語増補し、2万2500語収録。全項目にわたり語釈・用例・訳文の綿密な見直しを行い、紙面のデザインも一新しました。古典の世界を視覚的に理解できるよう32ページの巻頭カラーページを新設。便覧の機能も併せ持つ画期的な古語辞典が誕生しました。

第四版

2011年:第四版

8年ぶりの改訂による第四版刊行。今回も教科書・大学入試問題の徹底的な調査を行う一方、さまざまな分野における最新の研究成果をも反映させました。社会の変動に迅速に対応する姿勢は、初版の編集時から一貫して変わりません。

装丁

装丁は、初版以来、広告制作会社として知られるライトパブリシテイに依頼、初版は大方昇さん、第二版以降は服部一成さんがデザインを担当されています。辞典は長く使うもの、装丁も単に書店で目立てばよいということではなく、背筋をぴんと伸ばして学問に取り組もうという意欲を起こさせるような、端正で上品なデザインを心がけています。

「旺文社全訳古語辞典」のデザイン

「全訳古語辞典」の装丁を担当したのは、花鳥画を全面に使った第二版が最初だ。第三版では一転して、「全訳」の二文字をシンボルマークのように大きく扱ったデザインにした。各社が「全訳」を出すなかで、これが決定版、という意志をあらわそうと考えた。グレーのベースに対して「全訳」の2色はやや特異な配色にした。自分の高校生時代を振り返ってみても、教科書や辞書はいかにも正統派の配色よりも、少し外れたようなものに却って愛着が湧き、記憶にも残るものだと思う。 今回の第四版では、「全訳」を四角から楕円状に変えた。よりシンボル性が強まったと思っている。第三版の不思議な配色が、一部の先生には抵抗感もあるとの指摘があり、今回の色は少しおとなしめになった。

服部一成
トップ 辞典の特長 編者Q&A 第四版までのあゆみ