共通テストCROSS シリーズ

共通テスト 地理B 地図・統計の考察問題71

  • 中村太洋 著
  • 松山直弘 著
読者対象
高校生

学習レベル

  • 基礎
  • 標準
  • 応用
  • ★入試対応
  • 価格 : 1,375円(税込)
  • 発売日 : 2021年07月19日
  • ISBNコード : 9784010348901
  • 図書分類コード : 7325
  • 本冊 : A5判 / 112ページ / 1色刷
  • 別冊 : A5判 / 112ページ / 2色刷

オンライン書店で購入する

内容紹介

本書は,「考えて解く」タイプの地図・統計問題を,系統地理・地誌・地域調査の順に,71題にまとめて編纂した問題集です。
・本冊には,様々なタイプの資料問題が掲載されています。「資料を読み取ったうえで考える力」が求められる問題を中心に収録していますので,共通テストに必要な読解力・考察力が身につきます。
・別冊には,解答・解説に加えて,資料の着目ポイントや知識を整理するコーナーも掲載されているので,
この1冊で共通テストの資料問題にしっかり対応できる内容となっています。

目次

    共通テストの出題傾向と対策
    第1章 系統地理
    第2章 地誌
    第3章 地域調査

編集担当者の声

地理は,従来より,資料問題が多く出題される科目ですが,共通テストでは,
単純な資料の読み取りだけではなく,複数資料を読み取らなければいけなかったり,
読み取ったうえで情報を整理して考えなければいけなかったり……,という問題が増えているように思います。
初見の資料が出題されることもありますので,こういった問題は,いろんなパターンを解いて慣れておくことが重要です。
受験生のみなさんが本書を活用して演習を重ね,自信をもって共通テスト本番に臨めるよう,願っております。

著者紹介

■中村太洋
河合塾地理科講師。
鹿児島県の種子島出身で、実家は6次産業化を進めるピーナッツ農家。
予備校では共通テスト対策講座や二次・私大向け対策講座を受け持ち、教材や模擬試験の作成にも携わっている。
受験生には「多目的ダムの建設」をモットーに、学んだ地理的思考力や蓄えた知識を受験のみならず、
社会に出てからも様々な目的・状況で活用できるよう指導を行っている。
自称ダムファンで、ふいとダムカードめぐりの旅に出ることが多い。

■松山直弘
河合塾地理科講師。
河合塾では地学・地学基礎,公務員予備校では人文科学なども担当する。
河合塾ではマーク模試や記述模試の他,北大オープンなどの国公立大の模試の作成にも携わる。
受験で合格点を獲得するためには,どのような知識が必要か,何をできなければならないか,
どのような勉強をすればよいのかという視点から多くの生徒を指導している。