親が知っておきたい大切なこと シリーズ

親が知っておきたい(2) 自分で解決できるようになる 友だち関係

  • 柴崎嘉寿隆 監修
読者対象
一般

学習レベル

  • 基礎
  • 標準
  • 応用
  • 価格 : 1,080円(税込)
  • 発売日 : 2018年09月19日
  • ISBNコード : 9784010111994
  • 図書分類コード : 8076
  • 本冊 : A5判 / 144ページ / オールカラー

オンライン書店で購入する

電子書店で購入する

  • img
  • img
  • img
  • img

内容紹介

親の悩みの一つに、子どもの友達同士のトラブルがあります。
“貸したものを返してもらえない”
“無視された”
“仲間はずれにされた”
“からかわれた”、などなど。
毎日顔を合わせながら、我が子の元気のない姿を見るのは辛いものです。親としては何とか助けたいと思いながらも、口を閉ざしてしまう子どもにどうかかわればよいものか、と悩みます。でも見方を変えれば、悩みと向き合うことは、子どもにとっても親にとっても、お互いの関係性を深め心を育てるとても大切な機会とも言えるのです。
親子の何げない日々のかかわりは、間違いなく生涯に渡ってその子どもに影響していきます。だからこそ、親子の良い関係性を創るために今までとはほんの少し違うかかわり方を学ぶことは価値がありますね。
子どもたちの見えない心が見えてきたり、思いがけない解決法を生み出すかかわり方が、この本に事例と共に示されています。

目次

    chapter 1 本当の悩みはなに?

     幼い頃は、かわいかったな…
      ・8?9歳になると子どもの心は揺れ始めます
      ・大人も子どももネガティブな感情もあってOK!
     うちの子、大丈夫かしら?
      ・「不安」は生きていく上で大切な感情です
      ・その悩みは、子どもの悩み?それとも親の悩みなの?
     友だちが少ないって心配
      ・友だちとの関わりを通して学ぶ「人との関わり方」とは? 


    chapter 2 子どもが悩むときの親の心の持ちよう
     
     私だけがイライラしてる?
      ・親が子どもよりも“イライラ”しがちなのはなぜ?
     もっと子どもと話がしたい
      ・子どもが安心できる話の聴き方があります
     言葉のキャッチボールって?
      ・子どもへの、自分の話し方を振り返ろう


    chapter 3 ケース別 気になる子どもの友だち関係

     ケース1 仲間はずれにされちゃった
     ケース2 初めて接する子とうまく話せない
     ケース3 陰口を言われているのを聞いちゃった!
     ケース4 仲直り、ホントはしたいけど…
     ケース5 不本意な班分けになっちゃった
     ケース6 一方的にからかってくる

編集担当者の声

小学校中学年くらいになると、子どもの悩みも複雑になってくる一方で、親に対して反抗的な態度になったり、あまり学校でのことを話さなくなってくる時期でもあるので、わが子との関わり方に悩む保護者の方は多いと思います。帰宅したわが子が元気がなかったり、不機嫌だったりすると、つい心配になったり、子どもの人間関係に自身の経験を重ねて口を挟みたくなってしまうこともあると思います。本書では、子ども自身が「自分で考えて、自分で決めて、自分で行動し、結果を受け止めていく」という、「自立した大人」になるために、今できる親としての関わり方を紹介しています。子どもの本音について学んだり、悩みが解消に向かうための寄り添い方について楽しいマンガとともに学ぶことができます。大人自身の心も軽くなるといいなという思いを込めて作りました。是非お手にとってご覧ください。

著者紹介

株式会社クエスト総合研究所代表取締役
NPO法人子ども未来研究所理事長
日本インターナショナルアートセラピー(JIPATT)ディレクター
1995年、CBSソニー退社後、人材教育に携わった経験をいかし、独自のプログラムを開発。一般および企業向けに心理トレーニングを提供する、株式会社クエスト総合研究所を設立。1999年、健全な子どもの心の育成のための機関、NPO法人子ども未来研究所を設立、全国に30校を超える親子のためのアートセラピー教室、野外活動による子どもの自立支援、被災児童支援などの活動にあたる。2014年、日本で初めてカナダアートセラピー協会(CATA)の教育基準に基づいたアートセラピープログラムを実施。日本にいながらカナダ認定クリニカル(臨床)アートセラピストの卒業資格を取得できるプログラムJIPATTを開設。2014年より、財団法人TODAY IS THA DAYシンガポールとのコラボレーションで、福島県被災児童向けアートセラピーリトリート「トロピカルアートキャンプ」をサポート