基本をかみくだいて解説。言葉の意味や式の使い方が分かる!

無料ダウンロード

先生プロフィール

桜井進(さくらい すすむ)
サイエンスナビゲーター、株式会社sakurAi Science Factory代表取締役。1968年山形県生まれ。東京工業大学理学部数学科卒、同大学大学院社会理工学研究科博士課程中退。在学中から予備校講師として教壇にたち数学や物理を楽しく分かりやすく生徒に伝える。2000年日本で最初のサイエンスナビゲーターとして、数学の歴史や数学者の人間ドラマを通して数学の驚きと感動を伝える講演活動をスタート。小学生からお年寄りまで、誰でも楽しめて体験できるエキサイティング・ライブショーは見る人の世界観を変えると好評。世界初の「数学エンターテイメント」は日本全国で反響を呼んでいる。 著書は「新版 感動する!数学」(海竜社)、「面白くて眠れなくなる数学」(PHP研究所)、「思わず話したくなる! 数学」(PHP文庫)、「雪月花の数学」(祥伝社文庫)「計算しない数学、計算する数学」(共著/技術評論社)など多数。
http://www.ssfactory.net/

先生からの本の紹介

 センター試験の数学でいい点数をとりたい、受験生なら誰もがそう思います。
マーク方式のセンター数学は得点することが容易ではありません。数学I・A(数学I)と数学II・B(数学II)、あわせて満点は200点、試験時間も60分+60分=120分です。他の教科と異なり選択肢から選ぶ問題が少なく、計算力の差がはっきり得点に表れることがセンター数学の特徴です。カンは頼りになりません。
 得点が伸び悩むとき、自信と希望がもてる未来は本当にやってくるのだろうかと誰もが焦りそして学習方法に悩みます。
 私はそんな受験生のみなさんに言いたい、「それは先輩が辿った道です。いま、あなたの中に夢と希望があるならば、それがどんなに小さくても、そこから歩みはじめましょう」と。ひとつひとつのステップを確実に自分のものにしていく時、みなさんの中の自信と希望は大きくなります。
 数学の道のりは平坦ではありません。本書はその険しい道のりを突き進もうとするみなさんを支えるためにあります。本書をチャレンジするみなさんの道しるべとして、あわてず、あせらず、あきらめず、”桜”咲く未来に”進”んでいってください。