新TOEIC®TEST実戦セミナー<改訂版>

TOEICTEST実践セミナー
TOEICTEST実践セミナーの表紙画像

テキスト構成

◆生徒用テキスト 定価 本体 3,800円 + 税
テキスト バインダー形式(A4判232頁)
別冊スクリプト・訳文集(A4判128頁)
別冊確認テスト A4判4頁(8回分)
別冊実力テスト A4判32頁(全100問)
CD 2枚(教室用CD1枚  自習用CD1枚)
◆指導用マニュアル 定価 本体 2,700円 + 税
「Teacher's Manual」 B5判144頁/テスト用CD

本教材の概要

「新TOEIC(R) TEST実戦セミナー」は、大学・短大・専門学校・英会話学校・企業や各種団体で行われる、TOEICの受験者を対象とした講座で利用されることを目的として作られた教材です。 本教材は3つのTermから構成され、TOEICの問題形式に慣れること、徐々に解答能力を高めていくこと、そして、リスニングやリーディングの能力を強化することを意図して設計されています。また、7つのPARTに細かくポイントが設定してありますので、必要な知識を、講座を進めていく中で自然に身につけることができるようになっています。

本教材の概要

「新TOEIC(R) TEST実戦セミナー」は、リニューアルされたTOEICの問題に即してテキストが作られています。TOEICは付け焼き刃のテクニックで簡単にスコアがあげられる試験ではありませんので、問題に慣れること、実際のコミュニケーションで通用する英語力を養うことが必要です。そこで本教材では、語彙や表現、文法力といった知識的な側面と、実際のコミュニケーションで英語を運用する能力の両面を強化できるよう、下記のように設計されています。


3つのTermによる構成
すべての演習を3つのTermに分け、各Termで問題のレベルが一定になるようにポイントを設計しました。1st Termは450〜500点、2nd Termは各580〜630点、3rd Termは680〜730点をそれぞれ到達目標として、問題の正解数によって進度が計れるように設定しました。1st Termから3rd Termまでの学習を通して、TOEICの問題に慣れ、即座に問題に対応できる力をつけていくことができます。
ポイントごとに問題を分類
受講者が学習すべきポイントを的確に理解できるように、問題をポイントごとに分類し、そのポイントについて詳しい解説欄を設けています。これにより TOEIC対策はもちろんのこと、一般的な英語力の強化も図れます。また、TOEIC講座終了後も復習用の参考書として利用できるように配慮してあります。
「教室用」問題と「自習用」問題
演習は、実際に授業で取り上げる「教室用」の問題と、受講者が自宅で学習するための「自習用」の問題に分かれています。自宅学習を講座の一部として組み込むことで、受講者はより多くの問題に取り組むことになり、TOEICの解答能力や一般的な英語力がいっそう強化されることになります。
各Term、各Partごとの確認テスト
各Termの各PARTが終了した時点で、確認テストが設けられています。これにより、受講者の習熟度のチェック、今後の課題を確認することができます。また、この確認テストがあることで、授業出席の動機づけや授業の緊張感を高めることにもなります。

TOEICTEST実践セミナー・テキストの構成と指導への応用

PART1〜7×3Termの構成
教材は、3つのTermから成り、各TermにはTOEICの問題形式に合わせPART1〜7までの演習が組み込まれておりますので、Termの進み具合や受講者のレベルに合わせて変化をつけた指導を行って下さい。例えば、1st Termでは、ポイントや出題傾向を詳しく解説してから解答させますが、3rd Termでは事前の説明は軽く済ませて、解答後の質疑応答に重点を置く、といった具合です。
MASTER KEY
各Termの各PARTの前に、導入としての解説部分であるMASTER KEYというページがあります。問題演習に入る前に受講者と一緒に読んでいただき、例題などを通して、そのTermの概要、各PARTの到達目標、学習内容を明らかにしてあげて下さい。
「教室用」問題と「自習用」問題
問題はポイントごとに教室用問題、自習用問題の順に配置されています。教室用問題は、「教室用CD」を使用して授業を進めて下さい。自習用問題については、受講者にその日の授業で学習したことを確認した後、目標時間を設定して解答するように指導して下さい。これにより多くの実戦経験を受講者に積ませることが可能です。
ポイント解説とテキスト収録問題の解答と解説
テキストの下欄には、そのページで扱ったポイントの問題を解くために必要な知識、聞き取り方、読み取り方、解法についての解説があります。この解説は、 TOEICの他のPARTの問題や、他のテスト、ひいては実際の英語でのコミュニケーションにも広く応用できますので、受講者に徹底して下さい。また、個々の問題に関する解説は、Teacher's Manualの「テキスト収録問題の解答と解説」で取り上げています。受講者の解答に対して説明する際に利用して下さい。
Words&Phrases
テキストの右の欄にあるWords & Phrasesは、解答の手助けとなる語彙上のヒントを与えるためのものです。基本的には問題を解く前に確認するようにしていただきたいのですが、受講者のレベルによっては、解答後の解説の際の確認のために利用するなどして下さい。

新TOEICTEST実践セミナー・Term別履修一覧

1st Term 2nd Term 3rd Term
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
Part1(リスニング)                              
Part2(リスニング)                              
Part3(リスニング)                              
Part4(リスニング)                                
Part5(リ-ディング)                              
Part6(リ-ディング)                                    
Part7(リ-ディング)                    
確認テスト                              

※実力テスト


TOEICTEST実践セミナー・Term別履修一覧

以下のお問い合わせ先までご連絡くださいますよう、おねがいいたします。

※本教材は書店での店頭販売はしておりません。

03-3266-6542