自主的な学習への転換に必須となるスタディスキル系・ジェネリックスキル系教材と高校履修科目補習のためのリメディアル教材をご提供

 本書は大学生・短大生に必須のスキルである「自ら書く」ことを確実に身に付けてもらうことを目的としています。
 第1章では文章の書き方の基本について学習します。文章作成の基本的なルールを覚え、さまざまな文章作成にチャレンジして、説得力のある文章が書けるスキルを養成します。
 第2章ではノートの取り方のスキルについて学習します。授業(講義・演習等)の流れを追い(聞き・聴き)、要点を判断し、それをノートに記録するために必要な、聴く力、メモを取る力、要点をまとめる力の養成を目指します。
 第3章ではレポートの書き方について学習します。構造や主張と根拠の関係性など、レポートを書く上での必要不可欠なルール、原則を身に付けるスキルを養成します。

第1章 文章の書き方 第3章 レポートの書き方
1. 読んでもらうために 1. レポートの構造
2. 公的な場所で適用する文章を書く 2. 文章の原理原則
3. 自分自身の文章を書く 3. 主張と根拠の関係性
4. 説得力のある文章を書く 4. レポートを書く前に
5. 色々な文章を書いてみよう 5. 3部構成で書く
第2章 ノートの取り方  
1. メモをとる
2. 要点をまとめる
3. ノートをつくる
4. 授業をノートする
5. テキストをノートする

 コミュニケーション力は、人間関係の根幹に関連しており、多くのさまざまな能力・スキルに支えられ、それらを総合したものとして働いています。コミュニケーション力は普段の生活の中で実際に他の人間と交流し、悩み、喜び、感じるなかで培われるものですが、ただ漠然と活動するだけではコミュニケーション力の向上は難しいものです。
 本書はコミュニケーション力を身につけるために何に意識を向け、普段の生活においてどのように人間関係を作っていけばいいかを示しています。学生生活の中で日常的にありそうな場面を解説や演習問題の素材として取り上げ、親しみやすい学びができるように構成しています。

第1部 コミュニケーションの意味と価値 第4部 良好な人間関係を保つ
第1章 コミュニケーションって何? 第11章 交友関係のコミュニケーション
第2章 正確な情報のやり取り 第12章 不満や悩みに対応する
第3章 コミュニケーションの目的を明確にする 第13章 リーダーシップとコーチング
第4章 非言語コミュニケーションの価値 第5部 コミュニケーションの展開
第5章 コミュニケーションがうまくいかない原因 第14章 立場の違いによるコミュニケーション
第2部 [話す] ためのスキル 第15章 ネット・コミュニケーション
第6章 わかりやすさを実現する  
第7章 スピーチとプレゼンテーション
第3部 [聴く] ための基礎力
第8章 聞く姿勢・聴く心構え
第9章 質問の工夫
第10章 相手から情報を引き出す

 思考は関心のある事象に関して自分なりの結論を出すために、 筋道や方法などを模索する知的作用をいい、概念をまとめたり、判断したり、推理したりという行動をすることです。「考える力」を身につけることは教育の最も重要な目標であり、文部科学省も「学士力」の中で、論理的思考力を身につけるべき能力として示しています。
 本書では、論理的思考力を中心に学び、さらに高度な創造的思考力までチャレンジします。学生生活に密着した事例を解説や演習問題の素材として取り上げ、興味深く学習が進むように 配慮しています。

第1部 論理的思考力の基礎 第3部 論理的思考力を磨く
第1章  論理的思考力の価値 第9章  論理展開をチェックする 1
第2章  事実を見極める 第10章 論理展開をチェックする 2
第3章  原因と結果、理由と判断を検証する 第11章 複数の情報から新しい事実を見出す
第4章  主張と論拠を精査する 第12章 パズルで思考力を鍛える
第2部 論理的思考力の原理 第4部 創造的思考に挑戦する
第5章  全体を見て分類する 第13章  先入観を捨て、疑問を抱く
第6章  筋道を立てて考える 1 第14章  仮説設定に挑戦する
第7章  筋道を立てて考える 2 第15章  アナロジーを活用する
第8章  筋道を立てて理解する  

 大学の授業を理解するための基礎的な学力不足を補う「基礎学力の支援教育」を目的として、中学・高校内容の復習および学力不足と判断されたり、高校で未履修だったりした科目の補完教育として、日本語、英語、数学、理科系科目をご用意しています。

テキスト科目名 レベルの目安
日本語 語彙力中学中級から高校中級の範囲
英語[基礎] 中学英語
英語 実用英語技能検定2 級から4 級の範囲(目安)
数学[基礎] 中学数学の範囲
数学 中学数学、数学I・Aの範囲
物理 物理基礎の範囲
化学[基礎] 中学理科第1分野、化学基礎の範囲
化学 化学基礎の範囲
生物[基礎] 中学理科第2分野、生物基礎の範囲
生物 生物基礎の範囲

株式会社 旺文社 教学支援サポートセンター

〒162-8680 東京都新宿区横寺町55

TEL:0120-634-063 ※平日 10:00~17:00 / FAX:03-3266-6291

E-mail:placement@obunsha.co.jp

Copyright Obunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.